ようこそ!日本中医学会HPへ!
トップページ > 日中友好交流について > 成都 2015年5月第10回日本中医学会来日
日中友好交流について
一般社団法人 日本中医学会は定期的に中医学の権威をお招きし、中医学の様々な講習会を開催することで日本における中医学の発展に寄与しています。
成都 2015年5月第10回日本中医学会来日
木本裕由紀 プロフィール 傅先生は、傷寒論の桂枝湯を中心に素晴らしい講義をされました。我々中医学会員も深く考えながら反芻することで理解できる程度の深さがあり、中医学基礎としての腎と膀胱、心と小腸などの新しい考え方のヒントがあった。久しぶりに心地良い疲れがあった。張先生は昔傅先生の部下で優秀な皮膚科医であり、研究所2つと大病院3つの1600人のトップ。四川省と成都の中医学会や中医科学アカデミーのトップで、教授の就任前に試験する先生である。先生の皮膚科の講演は臨床に役立ち、皮膚科の中医学的見方が示された。私は2症例を個人的にお伺いして、先生の思考過程を知ったのは幸せでした。我々は毎年互いに交流することになった。今年お二人の外来診察を成都で見学すること楽しみです。ところで、傅先生は、12代続く中医の家系の陸希先生の父である陸干甫先生とは遠い親戚だそうです。張先生は、陸干甫先生が院長をされていた研究院の院長です。 傅先生と張先生は、まじめで優しくて思いやりがある学者、研究者、臨床家。 観光より医学の研究と議論が大好き。また、来ていただきたいと考えています。

ページトップへ